ブルーベリーサプリメントで目の疲れを解消!

食べるだけじゃ物足りないなら、サプリメントもブルーベリー

 

テレビや雑誌でも『アントシアニン』や『ルテイン』が目にとても良い成分であると言われていますね。現代人はデジタル機器と密接な生活を送るので、視力の低下が懸念されています。最近では子供の視力の低下が問題になるなどから、ブルーベリーサプリメントが話題になっています。このブルーベリーは目にどの様な力を発揮するのでしょうか。ブルーベリーサプリメントについて詳しく解説します。

 

抗酸化力は目にもとても良く働きます

 

ブルーベリーが目に良いことは、昔から分かっていましたが近年は特に『抗酸化作用』が目の『ロドプシン』に働きかけて再合成を促すことも研究で分かりました。海外では早くからブルーベリーの効果が知られていましたが、日本でも視力の低下予防にブルーベリーを食べる人も増えています。

 

ブルーベリーとサプリメント

 

小さなブルーベリーには私達が考える以上に素晴らしい力があります。生で食べても、ジャムにしてもその成分は変わらず吸収されるので、毎日ブルーベリーを摂取すれば予防にもなります。小さなブルーベリーは20から30粒が1日分なので、果物とサプリメントの併用が一番良いそうです。

ブルーベリーサプリメントランキング

初回購入4週間分1000円(税込)送料無料

 

ファンケルのアイケアサプリメント『えんきん』。ドラックストアなどでも購入可能ですが、一番安く購入したいなら公式サイトのお試しコースが最安です。とりあえずどれにしようか迷ったら【ファンケル】のえんきんで間違い無し!?

2180円(税込)送料216円/一ヶ月分

 

こちらもブルーベリーサプリの定番として人気。定期購入ならひと月あたり1847円で購入可能。アントシアニンに加えて、ルテインが配合されているのが大きなポイントです。

3800円(税抜)62粒/一ヶ月分

 

アントシアニンがブルーベリーの5倍含まれるという『アサイー』を原料としたサプリメントで人気上昇中です。お値段は上記2つよりお高いですが、中身で選ぶならこちらもあり!?

 

アントシアニンとルテイン何が違う?

 

先ず『アントシアニン』は美しい青紫を作る色素でポリフェノールの1種です。ポリフェノールには活性酸素を除去する力があるのは有名ですね。アントシアニンはそれだけでなく、目の『視細胞』を再合成する力を高めてくれるそうです。疲れ目や視力の低下を防いだり、視力の回復にも効果があるんですよ。

 

アントシアニンはブルーベリーに含まれていますが、中でも『ビルベリー』というものが豊富で医薬品としてヨーロッパで使用されています。ルテインはポリフェノールではなく、βカロテンでも有名なカロテノイドの仲間です。野菜に豊富ですが、野菜不足の現代人は食事だけでは摂取しきれていないのです。だからこそ、ブルーベリーのサプリメントを毎日利用する事で目の健康に役立ってくれるんですね。

 

 

ルテインはカロテノイドの一種で、同じ抗酸化作用を持つ黄色の天然色素の事。黄色の花やほうれん草、にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜、植物の緑葉に多く含まれていて、活性酸素を抑えたり、ブルーライトや紫外線を吸収したりと、身体と目を守る働きをしてくれます。ブルーベリーには含まれていない成文なのですが、同じ酸化作用っを持っている者同士がガッチリと組み合うことで素晴らしい効果が期待できるのです。

 

パソコンやゲームを楽しむ為にもブルーベリーサプリを飲みましょう

 

スマホや携帯ゲームにパソコンからはブルーライトが発生し目に影響を与えてしまいます。これは視細胞を痛めてしまい、活性酸素を作りやすくしてしまうのです。紫外線だけでも避けて歩いても日常生活の小さな事で、活性酸素を浴びていると目の老化が進んでしまうのですね。ブルーベリーサプリメントには『アントシアニン』と『ルテイン』が豊富なので、毎日摂取すれば目を守りながら、同時に目の働きを高めてくれるのです。もちろんフルーツで食べるのも効果的。ですが、アントシアニンやルテインは身体に蓄積されないので継続して飲むことが大切な事。アントシアニンが血行を促して目にも栄養を送り元気にもしてくれるので、是非ともサプリメントで摂取していくようにしましょう。

 

ブルーベリーサプリメントも随分と種類が増えました。有名なメーカーやテレビでお馴染みのメーカー等どれを選ぶのが良いか迷うかも知れません。サプリメントを飲んだから、すぐに効果が出るものではないので先ずは始めやすい値段やサイズのものから試してみると良いですね。コンビニでも気軽に購入できるようになったので、先ずは飲むことから始めていきましょう。

2018/06/10 22:21:10 | 目に効く成分とサプリ
ビタミンCはビタミンのなかでもっとも認知度が高く、たくさんのすばらしい効果をもたらしてくれるビタミンです。美白、美肌、老化から身体を守る抗酸化作用、免疫力を高める、ストレスの緩和、など たくさんの効果がありますが実は、ビタミンCは目にもよい効果をもたらしてくれます。ここではビタミンCの目に対しての効果をみてみましょう。目に必要なビタミンC目においていえば、ビタミンCは 水晶体と角膜にとくに多く存在します。つまり、水晶体と角膜は、それだけたくさんのビタミンCを要する器官なのです。ビタミンCは水晶体の透明性を保ち、さまざまな疾患から目を守ってくれます。目に必要な強いコラーゲンはビタミンCなくしては...
2018/06/10 22:20:10 | 目に効く成分とサプリ
カニやエビなど、甲殻類の殻の赤い部分にある色素物質をアスタキサンチンといいます。この成分の持っている老化に対する効き目、目への影響やブルーベリーとの関わりなどについて考えてみましょう。アスタキサンチンとは何かアスタキサンチンとは、βカロテンやリコピンと同じように、18種のビタミンと20種類のミネラル、8種のアミノ酸に次いで重要な栄養分であるカロテノイドの一種です。カロテノイドは600以上もの種類がありますが、前述した甲殻類の赤い殻や、鯛の表面や鮭の身、イクラなどの赤い部分の色素成分を言い、サプリメントですとアントシアニンなどとともに、ブルーベリーのサプリに配合されていることが多いです。アスタキ...
2018/02/04 13:47:04 | 目に効く成分とサプリ
眼病にはルテインが効果的であるとされています。ルテインと目の関わりをまとめ、その仕組みや働きについて考えてみましょう。目と活性酸素とルテイン人の目は、活性酸素による影響を非常に受けやすい器官です。目は光を受ける器官なので、ブルーライトや紫外線を受けることによって、たくさんの活性酸素を作り出してしまいます。目は常時何らかの光を見ているので、活性酸素も常に発生している状態であると言えます。目から入った光は角膜、水晶体、硝子体などを通過した後、網膜黄斑部というところで光と認識されているのです。そのため、ブルーライトや紫外線による影響を受けることの多い黄斑部や水晶体には、体内のルテインが多く集められて...
2018/01/23 11:49:23 | 目のトラブル
薄暗い部屋の中で眩しいほどの光を感じたという体験がありますか?視界の端の方にチカチカとした光が見える。目を左右などに動かすとそこにはない光が見える。気が付くと一点に光があるのが見える。このような症状がみられた場合は光視症かもしれません。年齢を重ねるとともに起こりやすくなる症状ですが、眼球の血行が悪かったり代謝が悪いと、若い人でもかかるリスクのある病気です。光視症という病気は、症状が長引かない限りは、目にとって大きな負担となる病気ではありません。しかし、そこにないはずの光がチカチカといつも見えているとかなりのストレスになってしまいます。どのように対策を行っていけば良いのでしょうか。光視症はどのよ...
2017/12/12 20:58:12 | 目のトラブル
突然ですがあなたは「緑内障」という病気をご存知ですか?「なんとなくお年寄りがなる病気のイメージがあるが、緑内障になるとどうなってしまうのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。また、「目の病気なので何か不調があればすぐに気づくだろう」「毎年定期検診を受けているから大丈夫」と思っている方も多いと思います。しかし、緑内障の中には1つの検診だけでは見つかりにくく、さらに、自覚症状が少ないタイプのものもあるのです。知っているのと知らないのでは大きな違いが出ることもあるので、「緑内障の原因と予防について」しっかりと確認しておきましょう。緑内障とは?原因は?「緑内障」とは「眼球を満たしている房水...
2017/12/04 11:56:04 | 目に効く成分とサプリ
アントシアニンは、目に深く関係している成分として広く知られています。具体的な目への作用について詳しくお話していきます。目が疲れるメカニズム目の疲れは、ロドプシンによって起こります。この物質の正体は赤みを帯びたタンパク質です。網膜は光を感知する役割を担っており、それを電気信号として脳に伝えるサポートをロドプシンは行っています。その結果、見たものを初めて脳が映像化することができるのです。また、ロドプシンは役割を終えると形を変えますが、再び機能するために何度も生まれ変わるという性質を持っています。それは目を酷使する時間が増えれば、それだけロドプシンの生まれ変わりもスピーディーに行わなければならないと...
2017/11/27 19:51:27 | 目のトラブル
老眼とは、どのようなものかご存じですか?目の構造の中で、水晶体の弾力性が低くなり、普段ピントを合わせる役割をしている毛様体筋と呼ばれるものの効果が弱まることによって起きる現象です。分かりやすい症状としては、近くの物体が見づらくなります。カメラにたとえてみましょう。水晶体とは、カメラで言えば、レンズです。毛様体筋の弛緩によって、このレンズを薄くしたり厚くしたりして、遠近で見るものにそれぞれピントを合わせています。◇老眼をそのままにしていると、肩こりや頭痛を引き起こすことも老眼をそのままにしていると、結果として肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。老眼の進行を恐れて老眼専用のメガネをかけないでい...
2017/11/23 23:00:23 | 目のトラブル
みなさん、飛蚊症をご存知ですか。「蚊が飛ぶ病気……?なんだそれ?」と思われた方も多いのではないでしょうか。名前を見ただけでもなんだかじっとしていられないような、この病気。一体どんな病気なのでしょうか。症状は人によって様々ですが視界の端に黒い小さな点が浮かび、霧がかかったようにぼやけてよくモノが見えなくなることが多いようです。では飛蚊症にかかる人はどんな人なのでしょうか。飛蚊症を患うケース、以前は年配の方が中心でした。しかし生活環境が変わった現代では、若者の発病も見られるようになってきています。パソコンやスマホの画面を前に長時間目を使っている影響があるそうです。これでは安心していられませんね。ち...
2017/11/05 17:14:05 | 目のトラブル
現代は、眼をとても酷使する時代です。仕事でパソコンを使うことは多いですし、プライベートでもずっとスマホの画面を見ている人は多いのではないでしょうか?そんな目を酷使してしまうことによって表れる症状が眼精疲労です。眼精疲労は名前からして眼だけに症状が出ると誤解されがちですが、そうとは決まっていません。時には頭が痛くなったり、肩の凝りを感じたり、場合によっては全身に疲労感を覚えたりなど、これらの症状は眼精疲労が原因となっているかもしれないのです。ですので、普段の生活の中で眼精疲労とどう向き合っていくかは非常に大切なことです。頭に入れておきたい眼精疲労の影響や原因眼精疲労が与えてしまう影響は、場合によ...
2017/11/05 17:12:05 | 目のトラブル
白内障は、加齢とともに発症のリスクが高くなる病気として有名です。年齢を重ねると白内障になりやすくなるので、決して他人事ではありません。そこで、目の加齢で引き起こされる白内障は何故発症するのか、またどんな方法が防ぐため効果的なのかをピックアップしてみました。「加齢」が鍵を握る白内障は眼病に分類され、私たちが年齢を重ねることで白内障になります。白内障を引き起こす加齢は、いわば酸素と体内の細胞が合わさり「酸化」が起こっている状態です。目には「水晶体」という組織があります。ここはカメラレンズのように機能しており、たんぱく質によって作られています。このたんぱく質に異常が起こった状態が、白内障となります。...