ブルーベリー入りの栄養剤は妊婦の身体に悪影響が出ないのか?

目に良いと言われているブルーベリーのサプリメントはすでに多くのドラッグストアやコンビニなどでも見かけることが出来ますが、使ってみようと考えている人の中には妊娠している女性の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

妊娠中は、母親の摂取したものがそのまま胎児にも影響を及ぼすため、摂っていいものと悪いものの区別を付けなければ、生まれてくる赤ちゃんにトラブルが発生してしまうかもしれません。

 

ブルーベリーサプリは、果たして妊婦が摂っていいものに入るのでしょうか?今回はそれについて詳しく見ていきたいと思います。

 

安全かどうかを確かめよう!

 

ブルーベリーに含まれる栄養素はむしろ妊婦にとって必要とも言える成分なので、摂取が推奨されています。それどころか乳ガンの予防や眼精疲労の改善にも繋がるので積極的に摂ることをおすすめします。

 

ただしその際には、安全性の高さを重視して選んで下さい。

 

使われている材料に関しても、天然素材ではなく人工的に作り出されたものや何らかの加工が施されているものを用いている場合が珍しくありません。
普通の人なら平気でも、妊娠している女性には影響が出ることもあるので、成分表や素材のチェックは購入時に必ず行いましょう。

 

海外製ではなく日本製を!

 

ネットやお店で販売されているサプリメントは日本で作られているもののみではなく、外国製のものも見受けられます。

 

ここで注意したいのは、多くの日本製ブルーベリーサプリメントは農薬や放射能の有無をきちんと細かく調べた上で売り出されていますが、外国製の場合はこれらの検査が厳密ではなかったり、そもそも行っていない可能性すらあります。

 

また、日本人と外国人では体質などが異なるため、日本人の身体には合わないことも有り得るでしょう。そのため、なるべく「日本制」と表記されている商品を選んで下さい。

 

安全性の目安としては、ラベルに「100%」と記されているかどうかを確認しておきましょう。もし「100%」でなければ、天然以外の何かが混ぜ込まれているかもしれません。

 

妊婦にとっては有害物質となり得るものが紛れ込んでいることもあるので、この点にはくれぐれも気を付けて下さい。

 

いらない栄養素の有無

 

ブルーベリーサプリは、基本的には無害であり、どちらかというと優先的に摂りたいものではあります。しかし全ての栄養素が妊婦の身体に有効であるとは言い切れないため、成分の確認だけではなく、妊娠中の女性や、母乳を与えているお母さんのために開発された専用のサプリメントであるかという点にも注目しましょう。

 

妊婦を対象としている商品なら、安全面をきちんと考慮した上で作ってあるので信頼性は抜群と言えます。またメーカーは知名度の高いところを選ぶほうが、やはり安心感があります。

 

さて、安心して飲めるブルーベリー-サプリが見つかったとして、飲み過ぎないように注意して下さいね。どんなに身体に良いとされるものでも、飲み過ぎはよくありません。度が過ぎれば薬もたちまち毒へと変わるものです。
副作用が出ては元も子もないので、メーカーが定めている用法と用量は絶対に守りましょう。

 

困ったら医師に相談を!

 

妊娠するというのは、自分以外の命の健康も管理しなければならないということなので、色々気を遣わなければならないことが山積みです。

 

摂っていいもの、悪いものなどの判断が分からなくなった時は、一人で抱え込むのではなく医師や看護師に思い切って話してみることが最善策かと思われます。思い詰めるのは母体にも胎児にも負担が掛かるため、些細な悩みでもとにかく打ち明けるのがベストです。

妊娠中に飲む場合のサプリ選び関連ページ

子供に飲ませる
ビルベリー
天然成分と合成成分にこだわって選ぶ