過剰摂取はダメなの?1日に最適なブルーベリーの量について

抗酸化物質の含有量が多いブルーベリーは、体にいい影響をあたえてくれます。なかでも目の健康維持に大いに役立ちます。
ですが食べ物には、量によっては問題になるケースもあります。ブルーベリーは大丈夫なのか、また理想的な1日の摂取量や効果を得られる量についてもお話していきます。

 

ブルーベリーを食べ過ぎると?

 

ブルーベリーは、フルーツの一種です。食べ過ぎても特別な悪影響が出る心配はありません。
ですが量によっては、下痢が起こることはどのフルーツでも考えられることなので、下痢をしたからといってブルーベリーの成分に原因があるわけではありません。

 

ただ、ブルーベリーの食べ方次第では少し気をつけたほうがいいことも出てきます。

 

冷凍のブルーベリーの場合

 

近年は冷凍されたブルーベリーもよく見かけるようになりました。生の状態と比較しても栄養素はたっぷり補えるものの、食べ過ぎると体温の低下を招きます。
すると代謝も落ちてしまうため、気をつけなければなりません。食べる量が多ければ、お腹を冷やし下痢になる可能性もあります。

 

ブルーベリージャムの場合

 

色々な摂取方法を選択できるのも、ブルーベリーの特徴。
ブルーベリージャムは甘いのが魅力ですが、そのぶん糖分もたくさん入っているので、効果を得るためにジャムで補おうとすると糖分過多になってしまいます。あくまでもジャムは補助的なものとしてとらえるのが無難です。

 

ブルーベリーのサプリの場合

 

サプリでもブルーベリーは補えますが、サプリは成分が濃いケースもあるので、目安以上の量は飲まないようにしましょう。
目安の量はサプリによって様々。決められた量を飲むことが重要なポイントです。

 

 

妊娠中は大丈夫?

 

妊婦さんでも、ブルーベリーを摂取しても大丈夫です。むしろ体にいいので、一押しのフルーツといえます。

 

ですが、サプリの場合は妊婦さんは摂らないほうがいいでしょう。
注意書きに妊婦さんでも大丈夫だと記載されてあればいいのですが、記載がないのであれば成分だけでなく添加物の心配も出てくるので、やめておきましょう。

 

妊婦さんのために作られた、天然由来の成分のみを使用したビタミンを補えるサプリで、ブルーベリーも配合している商品もあります。
このようなケースであれば過度な心配は不要ですが、量を厳守することが前提です。

 

1日にどれぐらい摂取すればいいの?

 

ブルーベリーの有効成分として知られるアントシアニンは、摂取後に血液の中で濃度が濃くなるまでに1時間から4時間が必要で、効果が表れるまでには2時間から4時間ほどかかります。
ですがアントシアニンは1日もすれば血液から姿を消してしまいます。

 

1日の理想的な量は、生のブルーベリーだと60gから300gほど、乾燥している状態であれば12gから25gが目安となります。

 

ブルーベリージャムだと400gから600gほど。ただしジャムは内容に差があるため、必ずしもこの目安が正しいとは限りません。
サプリも様々な商品があるものの、ブルーベリーには過剰摂取の心配がいらないことから十分な量が含まれているので、必要以上に摂取しないことが大切です。

 

薬との相性には気をつけよう

 

ブルーベリーは、糖尿病の治療で使われている薬との相性が良くないこともあります。サプリと薬を一緒に飲むと低血糖になる可能性も否定できません。
さらに血液をサラサラする薬も、ブルーベリーの作用によって薬の効果を発揮できないこともあります。

 

ですが、サプリは濃度が濃いため気をつける必要があるだけで、例えば通常の食事などでブルーベリージャムを食べる場合などは心配は不要です。

1日の摂取量、どれくらいがいいの?関連ページ

朝と夜いつ飲むか
アレルギーについて
副作用について
効果的な飲み方